パワーポイントフリーウエアの活用 本文へジャンプ


パワーポイント(PowerPoint)とは


パワーポイントは優れた機能と使い方がやさしい人気のある、プレゼンテーションソフトウェアです。

しかし一般に市販されている、ほとんどのメーカー製のパソコンパーソナルコンピュータ)に
Excel、Woedはプリインストールされていますが、それがありません。

やもうえずパワーポイントを一般量販店で単体購入しようとすると、その値段は2万円以上します。

そこで下記紹介するフリーソフト(フリーウェア:無料)のオープンオフィス(「OpenOffce.org Impress」)

を利用します。

パワーポイントに比較すれば60〜80%くらいの機能ですが、初心者や中級者が使うには十分で

あり、なかなかの優れものです。

一般のかたも案外フリーソフトをご存知でないことがわかり初心者の方にも分かり易いようページを

作成しました、何かの参考にしてください。



フリーソフト(フリーウエア:無料)オープンオフィス とは

OpenOffice.org(オープンオフィス・ドット・オルグ)はパソコンコンピューター)用ソフトで

オープンオフィスとよばれています。

Windows Microsoft Officeとある程度の互換性があります.。


オープンオフィスの機能は下記にあります。

1)  ワープロ (Writer)   (2)  表計算 (Calc)  (3)  データベース (Base)   

(4)  プレゼンテーション (Impress)  (5)  HTMLエディタ   (6)  描画 (Draw)


当サイトではパワーポイントと互換性のある (Impress) の使い方を

紹介します


2008年10月14日オープンオフィス(OpenOffice.org)は従来バージュンv2.4のバージュンアップ版

v3.0が公開されました。


このバージュンアップ版V3.0はWindows Microsoft Office2007互換性があると

言われてます。

早速試用してみました、当サイトはその使い方のレポートです。



(1) ダウンロード



  1-1 Impressダウンロードサイト

    ◆ ダウンロードは「窓の社」あるいは直接「オープンオフィス」のサイトからできます。

    ◆ 「窓の社」からは下記です・。
       http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/offcsuite/openoffice.html

    ◆ 「オープンオフィス」からは下記です。
       http://ja.openoffice.org/download/3.0.0/
 
  1-2  今回は「窓の社」からのダウンロードしました。

  1-3  上期「窓の社」にアクセスすると、オープンオフィスのページが表示されます。(下図)

  1-4 「ダウンロード」 → 「Windows(125MB)] をクリックします。

  1-5  使い方は指示に従ってダウンロードをします。
ここにホームページの紹介や最新情報を

      書きます。





(2) インストールと起動

 
2-1 インストールは指示に従っておこなう。
 

 
2-2 インストールが完了するとディスクトップ上にOpenOffice.org V3.0のショートカットが

     表示される。(下図)


 
2-3 ショートカットをクリックすると「オープンオフィス」がたちあがる。




(3) プレゼンテーションの選択

 3-1 ようこそ OpenOffice.org という画面が表示される。(下図)
 
 3-2 プレゼンテーションを選択、アイコンをクリックする。




 3-3 「プレゼンテーションウイザード」が面が表示される。(下図)
 

 3-4 「白紙のプレゼンテーション」にチェックを入れ「完了」をクリック。




 3-5 白紙の「OpenOffice.org Impress」が表示された。(下図)
 
 3-6 これで完了しました。




 3-7 いつものパワポ画面と異なりますが慣れれば問題ありません、いろいろ操作を

    してみてください。




      ↑このページトップへ    次のページへ(ファイルの読み込み)


                               
パレート図エクセル作成用フリーソフト
                      


                           






パワーポイント、フリーウエアの活用
刈谷の風 2008 ©All Rights Reserved

   
inserted by FC2 system