パワーポイント、フリーウエアの活用




PDFファイルでの保存と使い方



  Impress」はパワーポイント形式以外にも「PDF」「HTML」形式などで保存ができる。

  PDFファイル形式はOfficeシリーズでもPDF保存用アドインをインストールすれば保存できる。

  しかし「Impress」は別途インストールする必要なく「PDF」形式で保存できる、ここではその保存方法

  (使い方)を紹介する。

  


 

(1) PDF形式のエクスポート



   
1-1 「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」をクリック(下図)

PDFエクスポート画面


   1-2 「PDFのオプション」画像が表示されるので「エクスポート」をクリック(下図)

PDFオプション選択画面



   1-3  「ファイル書式」のプルダウンメニューから「ファイル名」を指定する。

   1-4  このときプルダウンメニューから「PDF」ファイルを選択し、「保存」をクリック。(下図)

エクスポート画面


    1-5 「PDF」 ファイルを 「Adobe Reader」 で読み込んだ画像(下図)

Adobe Reader画面



プレゼン資料などアニメーションや画像などでファイルサイズが大きくなりがち、こんなとき「PDF」ファイル

にすればファイルサイズを小さくできる。


OpenOffice.org Impress がインストールされたパソコンでプレゼンするなら、独自形式(.odp)で保存してもよい。

作業時は独自「.odp」形式、配布する場合は「PDF」形式、ほかのパソコンでプレゼンするなら 「PowerPoint

形式と使い分けるとよい。


(2) その他、使い方


   2-1 基本的な使い方は「パワーポイント」とほとんど同じです、ある程度パワーポイントの操作が分かれば

       問題なく使用できます。


   2-2 「アニメーション」について「パワーポイント」で作成したスライドを「Impress」で表示する場合相当見劣り

       します(アニメーションの種類によっては実用上使えない、しかしその逆はほとんど問題ない)。


   2-3 上記(2)を除けば「互換性」「操作性」このフリーソフト(フリーウエア)は十分実用になる優れものです、

       ぜひ活用してください。



      ↑ このページトップへ               → 次ページへ(プレゼンのコツ) 










                

ワーポイント、フリーウエアの活用
刈谷の風 2008 ©All Rights Reserved
 
inserted by FC2 system