パワーポイント、フリーウエアの活用




パワーポイント形式での保存


 (1) 別のパワーポイント2007形式のファイルを開く。

  1-1 下図ファイルを「パワーポイント2007形式(pptx)」で保存する。

PowerPoint 2007の保存画面


 1-2 保存したパワーポイント2007形式(pptx)」のファイルを「Impress」で開く。

 1-3 Impress」では完全に開けない、特に「スライド3」はグラフが表示されない。(下図)

 1-4 これらから分かったことは
     
     ★ 前ページ(ファイルの読み込み) 1-3 で開いたファイルは、「パワーポイント2007」の

        Officeのテーマ「白紙」を元に作成したスライドである。

     ★ 本ページ 1-3  のファイルは、「パワーポイント2007」のOfficeのテーマ

        「タイトルとコンテンツ」を元にして、グラフ等を挿入して作成したものである。

     ★ 「パワーポイント2007」で作成し、「Impress」と互換性をもたせるには、Officeのテーマ

        「白紙」を元に作成する必要がある。

Impress で開いた画面


(2) やもうえずパワーポイント97〜2003 プレゼンテーション形式(ppx)で保存する

 2-1 「白紙」を元に作成するには手間がかかる、これでは「Impress」は使えない。
 
 2-2 そこで 「1-1 読み込む元のパワーポイント2007形式のファイル(pptx)」を
  
     「パワーポイント97〜2003 プレゼンテーション形式(ppx)」で保存する。(下図)


PowerPoint 97-2003 保存画面


 2-3 パワーポイント97〜2003 プレゼンテーション形式(ppx)で保存したファイルを開く。
 
 2-4 これで「Impress」で開けた。(下図)


Impress 開いた画面


 2-5 次に「Impress」形式で保存する。
 


  このページトップへ               → 次のページへ(ファイルの保存(2))



パワーポイント、フリーウエアの活用
刈谷の風 2008 ©All Rights Reserved

 
inserted by FC2 system